コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

MTM07に行ってきました。

_DSC7886.jpg
12月3日・4日に東京工業大学で開催された「Make: Tokyo Meeting 07」に行ってきました。

最近は「ニキシー管(電極の周りにネオンで放電させて文字などを表示させる真空管の一種)」が流行りらしく、それをつかった作品が多く見られました。
_DSC7904.jpg
「CharonixDW@yuna_digick」さんはそのニキシー管を大量に使ったグラフィックアナライザを展示していました。
ご本人のブログ http://yunadigick.blog94.fc2.com/

楽器の出展も多かったです。
_DSC7878.jpg
楽器の出展では「宇田道信」さんの『ウダー』が有名ですね。近日中にキットの販売もされるという噂もあります。
※上の写真は「はんだづけカフェ」にて撮影。

あとはマイコンを利用した作品や、LEDで装飾をした作品なども多くみられました。
「まりす」さんは『盆回』といって、回路を盆栽のように見立てたものを展示していました。
_DSC7947.jpg_DSC7943.jpg

あとは洋服にLEDを仕込んで着飾った作品もありました。
_DSC8000b-2.jpg
袖とスカートのラインにLEDが組み込んであって、光っています。
スカートのLEDはホッチキスで止めているそうです。びっくり。

極めつけは「Suns & Moon Laboratory」さんの『ANIPOV』です。
自転車のスポークにLEDとマイコンを仕込んで、回転するとそれに同期して絵が表示されるというものです。
ご本人のホームページ http://www.s-m-l.org/
_DSC8200.jpg
開発者ご本人と共に。
_DSC8184.jpg
車輪を回すとこうなる。
_DSC8024.jpg _DSC8029.jpg _DSC8036.jpg
_DSC8040.jpg _DSC8046.jpg _DSC8120.jpg
いろんなバリエーション。
_DSC8166.jpg
前の車輪も光ります。

いろいろ楽しい展示がいっぱいでした。やっぱり「動くもの」「光るもの」「音の鳴るもの」は工作の定番だな~としみじみ思いました。
皆様おつかれさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・工作・おもちゃの製作日記
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
無料アクセス解析
Adobe Flash Player を取得
プロフィール

@ぽっけ

Author:@ぽっけ
底辺Makerを自負する@ぽっけが日々製作している「初歩の電子工作」の記録です。
自分で「あっ、あれ欲しい!」と思ったものを猪突猛進、地で製作しています。

★略歴

電子工作は中学のとき、授業でやるよりも早く自分で始めました。・・・といっても小遣いも少なく技術も未熟だったので、ラジオを作るのさえもやっとでした。

高校・大学でも工作を続け、大学在学中にようやくトランジスタ回路の基礎が理解できるようになってきました。

大学卒業後はメーカーに就職し設計職で忙しい毎日を過ごす中で工作からは遠ざかっていましたが、事務職に配転となり時間に余裕ができてまた工作を始めました。そんな中で2011年のCP+(カメラショー)併設展の「Business Meets」に出展していたテキサス・インスツルメンツのブースで「MSP430 Launchpad」に出会ってから、マイコンを使った電子工作を始めました。

また、鉛フリーはんだに興味を持って、10数種類のはんだをリールで購入。個人で使うには約1200年分の在庫を持つという暴挙を成し遂げ(?)ました。

★イベント出展実績
●Make: Tokyo Meeting 07
●Make: Ogaki Meeting 2012
●Maker Faire Tokyo 2012
●ニコニコ超会議「作ってみタワー ワークショッププロジェクト」
●NT金沢2013
●Maker Faire Tokyo 2013
●ポタアン自作er展示会 atポタ研2014冬
○NT金沢2014(予定)

☆TwitterID:
  @pokke_yamada

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。