FC2ブログ
コンテントヘッダー

【謹告】「実験用高電圧安定化電源キット」を発売します。

「実験用高電圧安定化電源キット」を発売します。
トランスレスで50~250Vの間で可変できるシリースレギュレータ型安定化電源です。
HV_PS_WS.jpg
このキットは、高電圧を手軽に供給できる実験用電源です。ボリウムひとつで可変でき、約25mA程度まで取り出せるので、真空管や高耐圧トランジスタなどの特性を測定するための電源にお使いいただけます。
また電圧変動・リップルが非常に少ないので、真空管アンプの電源としても最適です。
組み立て説明書
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 実験用高電圧安定化電源キット

> 表題の電源キットの購入を希望なのですかどの様にすれば
> 購入できますか?

株式会社スイッチサイエンス様に販売の委託をしています。
https://www.switch-science.com/catalog/list/?keyword=POKKE
在庫の管理もお任せしていますのでそちらにお問い合わせ願います。

> それから出力電圧250Vで出電流を70mm位まで欲しいのですが
> どうぞ宜しくお願い致します。

このキットの部品では70mAまでは対応できません。
・Q1のトランジスタを耐圧400V以上、耐電力30W以上のものに変更してください。
・C1とC2を倍程度の容量のものに変更してください。
・R2を100Ω程度に変更してください。
それぞれの部品はご自身でお探しいただきたく思います。

このページのトップへ
このページのトップへ
無料アクセス解析
Adobe Flash Player を取得
プロフィール

@ぽっけ

Author:@ぽっけ
底辺Makerを自負する@ぽっけが日々製作している「初歩の電子工作」の記録です。
自分で「あっ、あれ欲しい!」と思ったものを猪突猛進、地で製作しています。

★略歴

電子工作は中学のとき、授業でやるよりも早く自分で始めました。・・・といっても小遣いも少なく技術も未熟だったので、ラジオを作るのさえもやっとでした。

高校・大学でも工作を続け、大学在学中にようやくトランジスタ回路の基礎が理解できるようになってきました。

大学卒業後はメーカーに就職し設計職で忙しい毎日を過ごす中で工作からは遠ざかっていましたが、事務職に配転となり時間に余裕ができてまた工作を始めました。そんな中で2011年のCP+(カメラショー)併設展の「Business Meets」に出展していたテキサス・インスツルメンツのブースで「MSP430 Launchpad」に出会ってから、マイコンを使った電子工作を始めました。

また、鉛フリーはんだに興味を持って、10数種類のはんだをリールで購入。個人で使うには約1200年分の在庫を持つという暴挙を成し遂げ(?)ました。

★イベント出展実績
●Make: Tokyo Meeting 07
●Make: Ogaki Meeting 2012
●Maker Faire Tokyo 2012
●ニコニコ超会議「作ってみタワー ワークショッププロジェクト」
●NT金沢2013
●Maker Faire Tokyo 2013
●ポタアン自作er展示会 atポタ研2014冬
○NT金沢2014(予定)

☆TwitterID:
  @pokke_yamada

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる