FC2ブログ
コンテントヘッダー

アキバへGo!真空管ゲットだぜ!

昨日は、はんだづけカフェの営業最終日でした。お疲れ様でした。

さて、昨日はその最終営業記念もあり、秋葉原へ行ってきたわけですが、各所で真空管をゲットしてまいりました。

まずサンエイ電機さんで東芝の6AS7GとRCAの9001を入手してきました。
6AS7Gは真空管ヘッドホンアンプに使用したものですが、9001はどんな管かというと「エーコン管」という、mT管が出現する以前に高周波用途に作られた管があり、その中の954というタイプのものを、その後にmT管に仕立て上げたものです。高さが6AU6などと比べて3分の2くらいしかない、ちっちゃくてかわいい管です。

それから、神田川を越えて神田郵便局むかいの「損保会館」で行われている「真空管オーディオフェア」に行ってきました。
そこでは毎年恒例のバーゲンセールが大人気で、朝は長蛇の列ができるそうですが、私はあんまりそういうのに興味ないので夕方になってから行きました。ゲットしたのは、ジャンク球いっぱいと、今話題のNuTubeです。
CuUz_gpUsAAmSga.jpg

NuTubeは、VFDという三極管の原理を応用した表示器を製造するノリタケ伊勢電子と楽器メーカーのKORGが、オーディオ用途に共同開発した新型の真空管です。
VFDは表示器なので本来ならばそこそこの大きさがあるのですが、NuTubeは表示が目的ではありませんから比較的小さく作られています。とはいえ、トランジスタやICと比べればかなりの大きさ、40ピンDIP ICくらいはあります。
mT管としては最少の6AK5と比較してみました。
KIMG0544a.jpg

これが1個5000円、高いと見るか安いと見るか・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ちょっとした不注意。

真空管OTLヘッドホンアンプの中の配線は、全てラグ板とソケットの足への直接配線です。
なので、気をつけないと部品の足同士が触れ合ってショートします。

そのちょっとした不注意で、6080に大きな電流が流れたまま放置してしまって、1本ダメになってしまいました。
ぐっすん(涙)
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

真空管OTLヘッドホンアンプで使える球

IMG_-9eyatq.jpg
6AS7G_STC-V4.jpg
この真空管OTLヘッドホンアンプでは、V2に使っている6AS7Gは6080と交換できることは先日お話しました。

実は、V1に使っている6CB6も別の真空管と差し替えが可能です。6CB6は「7CM」というピン配置ですが、それとほとんど同じ配置のものが5種類あって、それぞれに属する管ならば同じピン配置で使用可能です。
その中でも「6AU6」「6BA6」「6BD6」「6DT6」などは、定数もそのままで使用できることを確認しています。びっくりするのは「6BA6」「6BD6」というのが「リモートカットオフ管」と呼ばれる、特性が少し曲がっている管(他はシャープカットオフ管といって特性がまっずぐ)なのですが、歪んだりする事もなくちゃんと聞こえるということです。

リモートカットオフ管はオーディオ用途にはあまり好まれない傾向にあるようですが、もしかすると食わず嫌いになっているのかもしれませんね。

Pentode_conn.jpg
関連記事
このページのトップへ
コンテントヘッダー

真空管OTLヘッドホンアンプの低域特性

6AS7G_STC-V4.jpg
今回製作した真空管OTLヘッドホンアンプの低域特性は、出力のカップリングコンデンサの容量とヘッドホンのインピーダンスによって決まります。
ヘッドホンのインピーダンスが仮に32Ωだとすれば、コンデンサ容量が33μFですから、
  0.16÷32÷0.00033≒150Hz
なので、低域カットオフ周波数は150Hzとなり、計算上は低音がほとんど出ていないことになります。
コンデンサ容量を大きくすればもっと低い周波数まで帯域が伸びるのですが、コンデンサそのものの大きさもおおきくなります。今回内蔵できる大きさがここまでしか入れられなかったので、低音をあきらめたのです。

ですが、実際に聞いてみると十分な低音が出ているように聞こえます。不思議!
関連記事
このページのトップへ
コンテントヘッダー

真空管にヒビが!

真空管OTLアンプ、6AS7Gは6080という管に変えても動作します(∵同特性管だから)。いま手元の在庫の6AS7Gや6080を差し替えて動作するか確認をしています。

その中で1本、秋葉原で買ってきたばかりの6AS7Gがたびたび管内放電をして使えないことがわかりました。ぱちーんという放電をするので、ヘッドホンで聞いているとそれこそ耳元で爆竹を鳴らされたような破裂音になります。これはたまったものではありません。

よくよく調べるとガラス外装に非常に小さなヒビが入っていました。ゲッターはまったく白くない(※空気、特に酸素が混入するとガラス表面につけてある鏡状の物質が白くなる)のですが、それでもそのヒビからごくごく微量の空気が入っているようです。
そのお店では6AS7Gは平均3000円で売ってるのですが、それだけ1500円で売っていたのでお得と思って買ってきたのです。なんとなく、お店側がこのヒビを知ってあえてつけたんじゃないかと勘ぐってしまいますね。

もっとも現時点でこの程度なら、ゲッター部分を外から加熱してやる(約200℃)と、空気を吸着して真空度が上がるので使えるようにはなると思います。ただ、割れる危険性があることには変わりありませんね。この一本は廃棄することにします。
関連記事
このページのトップへ
コンテントヘッダー

6AS7G OTLヘッドホンアンプをちょこっと改造

先日つくった6AS7G OTLヘッドホンアンプをちょこっと改造しました。

IMG_-9eyatq.jpg

ナニガチガーウ?

取っ手がついただけ!
関連記事
このページのトップへ
このページのトップへ
無料アクセス解析
Adobe Flash Player を取得
プロフィール

@ぽっけ

Author:@ぽっけ
底辺Makerを自負する@ぽっけが日々製作している「初歩の電子工作」の記録です。
自分で「あっ、あれ欲しい!」と思ったものを猪突猛進、地で製作しています。

★略歴

電子工作は中学のとき、授業でやるよりも早く自分で始めました。・・・といっても小遣いも少なく技術も未熟だったので、ラジオを作るのさえもやっとでした。

高校・大学でも工作を続け、大学在学中にようやくトランジスタ回路の基礎が理解できるようになってきました。

大学卒業後はメーカーに就職し設計職で忙しい毎日を過ごす中で工作からは遠ざかっていましたが、事務職に配転となり時間に余裕ができてまた工作を始めました。そんな中で2011年のCP+(カメラショー)併設展の「Business Meets」に出展していたテキサス・インスツルメンツのブースで「MSP430 Launchpad」に出会ってから、マイコンを使った電子工作を始めました。

また、鉛フリーはんだに興味を持って、10数種類のはんだをリールで購入。個人で使うには約1200年分の在庫を持つという暴挙を成し遂げ(?)ました。

★イベント出展実績
●Make: Tokyo Meeting 07
●Make: Ogaki Meeting 2012
●Maker Faire Tokyo 2012
●ニコニコ超会議「作ってみタワー ワークショッププロジェクト」
●NT金沢2013
●Maker Faire Tokyo 2013
●ポタアン自作er展示会 atポタ研2014冬
○NT金沢2014(予定)

☆TwitterID:
  @pokke_yamada

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる