FC2ブログ
コンテントヘッダー

【メモ】真空管の価格

ANDIX_1.jpg
ANDIX_2.jpg
ANDIX_3.jpg
ANDIX_4.jpg
ANDIX_5.jpg
ANDIX_6.jpg
ANDIX_7.jpg
ANDIX_8.jpg
ANDIX_9.jpg
ANDIX_10.jpg
ANDIX_11.jpg
ANDIX_12.jpg
ANDIX_13.jpg
ANDIX_14.jpg
ANDIX_15.jpg
ANDIX_16.jpg
関連記事
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

【謹告】NT金沢2014にて頒布する商品のご紹介

来る2014年7月12(土)・13(日)日に開催されます「NT金沢2014」で、当方は「みんなのラボ」として出展いたします。
会場ではワークショップのほか、電子工作キットを販売いたします。

  • お品書き
    1. 正負トラッキングレギュレータキット(基板付き) 予価:2000円
      ★NT金沢にて新発売!!
    2. 正負トラッキングレギュレータ基板 ※上記の基板のみになります。 予価:500円
      ★NT金沢にて新発売!!
    3. 真空管アンプ基板セット 予価:1300円
      ★NT金沢にて新発売!!
    4. 高電圧安定化電源キット 予価:2800円
      ※スイッチサイエンス様で取り扱いの商品と同じです。
    5. シリアル転送LCD表示機キット(基板付き) 時価
    6. 真空管ブレッドボードアダプタ mT7
      1. 基板のみ 300円
      2. 基板+部品セット 600円
      3. 組立済み完成品 750円
    7. はんだ吸い取り器用 耐熱ゴムチューブ 予価:100円
関連記事
このページのトップへ
コンテントヘッダー

【謹告】7月の電子工作ワークショップ開催日程

7月の土曜・日曜に、東京・神田末広町のはんだづけカフェさんにて電子工作ワークショップ(工作教室)を開催いたします。
  • 7月19日(土)
  • 7月20日(日)
  • 7月21日(月・祝)
  • 7月27日(日)
受付開始は当日ツイッターにて発表いたします。なお特に発表ない場合は13時から開始します。また、受付終了時刻は17時です。
★また、7月12・13日は石川県金沢市にて出張電子工作ワークショップを開催致します。詳細はこちら。


●基本的に「飛び入り参加」でやっています。初心者でも作れる簡単な内容ですが、玄人の方で「私の腕前を見せてやろう」という腕自慢の方でもぜひご来場ください!
DSCN0599_a.jpg★今後も定期的に開催することを予定しております。基本的に土曜日と日曜日で交互に開催する予定です。
♪当日、自作の真空管オーディオアンプを展示しています。真空管アンプを自作したいという方にはアドバイスも差し上げます(無料)のでお気軽にお越しください。


●メニュー ※内容は変更になる場合があります。
1)「平ラグ板にLEDフラッシャー(Lチカ)を作ろう」
DSC02698a.jpg
★「平ラグ板」に、自分で部品を配置してはんだづけを行い、LEDがピカピカ光る回路を組み立てます。はんだづけをしたことのない方でも組み立てやすい教材です。最後に電池ボックスをお付けして、お持ち帰りいただいても楽しめるように仕上げます。
難易度:☆(初心者向け)
対象:電子工作の未経験者以上(但し、小学生の方は保護者の同伴が必要)
参加費:400円
所要時間:約30分の予定
申し込み:不要(飛び入り参加でOK)
ご用意いただくもの:なし

2)「平ラグ板にオーディオパワーアンプを組み立てよう」
1-DSC04069.jpg★Lチカよりも少し大きな平ラグ板に、スピーカーを鳴らせるトランジスタパワーアンプを組み立てます。
難易度:☆☆☆(少しホネのあるものを作りたい人向け)
対象:電子工作の未経験者以上(但し、小学生の方は保護者の同伴が必要)
参加費:1000円
所要時間:約1時間の予定
申し込み:不要(飛び入りで参加OK)
ご用意いただくもの:お手持ちの、携帯音楽プレーヤー・スマホなど音楽を再生するもの
(※お持ちいただかなくても参加は可能です。)
※写真は製作例です。使用する部品は写真のものとは異なる場合があります。
★今後、下のスピーカーなどと組み合わせてご使用いただけるようにくみ上げるワークショップも開催する予定です。

3)「プリント基板にオーディオパワーアンプを組み立てよう」
1-DSCN0642.jpg★プリント基板に、スピーカーを鳴らせるトランジスタパワーアンプを組み立てます。コネクタを装備しているので、お持ち帰りいただいてすぐにご使用になれます(別途、接続ケーブル・ACアダプタ・スピーカーが必要)。
※実際にお作りいただくのは写真の一番左のものになります。使用する部品は写真のものとは異なる場合があります。
難易度:☆☆(初めてでも実用的なものを作りたい方向け)
対象:電子工作の未経験者以上(但し、小学生の方は保護者の同伴が必要)
参加費:1500円
所要時間:約1時間の予定
申し込み:不要(飛び入りで参加OK)
ご用意いただくもの:お手持ちの、携帯音楽プレーヤー・スマホなど音楽を再生するもの
(※お持ちいただかなくても参加は可能です。)


4)「段ボール箱でスピーカーボックスを作ってみよう」
1-DSC03575.jpg★ゆうパックのダンボール(小)に穴を開けてスピーカーユニットを取り付け、スピーカーボックスを作ります。(当日はアンプを作らずスピーカーのみの製作でも参加できます。)
iPhoneをお持ちの方は直接このスピーカーに接続して鳴らせるよう(アンプ不要)、コネクタ(別途100円)をお取付できます。
難易度:☆(初心者向け)
対象:電子工作の未経験者以上(但し、小学生の方は保護者の同伴が必要)
参加費:700円(1個分の費用です。ステレオの場合は左右2個必要です)
所要時間:約30分の予定
申し込み:不要(飛び入りで参加OK)
ご用意いただくもの:お手持ちの、携帯音楽プレーヤー・スマホなど音楽を再生するもの
(※お持ちいただかなくても参加は可能です。)
※写真は2個作った例です。手前のアンプは含んでいません。

★ご注意
・当日は、はんだづけカフェさんの通常の営業も行っています。ワークショップ用に特に席を空けてあるわけではありませんので、一般のお客様で席が埋まった場合には受付を一時的に停止いたします。ご了承ください。
・部品の用意の関係上、各日、各プログラムとも数に限りがございます。規定数に達した場合にはご容赦ください。
・受付時間は、はんだづけカフェの閉店時間から所要時間分を遡った時点までまでとさせていただきます。
本ワークショップは(株)スイッチサイエンス様の承諾を得て、当方が個人的に開催するものです。本件につきましてのお問い合わせは当ブログへのコメント、または掲示板までお願いします。(株)スイッチサイエンス様へのお問い合わせはご遠慮ください。
関連記事
このページのトップへ
コンテントヘッダー

サブミニチュア管を買ってみた。

今日は秋葉原の某真空管販売店で、サブミニチュア管を買ってみました。

これがそれ。
1-DSCN0644.jpg
多分、何かの機器に使われていたものから取り出したやつだと思います。

調べてみると、5極管のようです。
特性を見てみると・・・
1-全画面キャプチャ 20140622 222505
1-全画面キャプチャ 20140622 222725
電流の単位が「マイクロアンペア」とか。

ヘッドホンアンプにはなるんだろうか・・・?
関連記事
このページのトップへ
コンテントヘッダー

【謹告】NT金沢2014にワークショップを出展します。

7月12・13日に開催されるハンドメイドクラフトメイカーズの祭典「NT金沢2014」に、サークル「みんなのラボ」として出展いたします。

NT金沢2014公式サイトはこちら

当日は、はんだづけカフェさんにて開催しているワークショップを出張して行います。今回は特別メニューとなります。
●メニュー ※内容は変更になる場合があります。
1)「平ラグ板にLEDフラッシャー(Lチカ)を、部品から買い集めて作ろう」
DSC02698a.jpg★「平ラグ板」に、自分で部品を配置してはんだづけを行い、LEDがピカピカ光る回路を組み立てます。はんだづけをしたことのない方でも組み立てやすい教材です。
但し会場内に出展しているパーツショップから実際に部品をご自身で買い集めて作っていただきます。
実際に部品を買う経験というのはなかなか出来ないことなので、ぜひ体験してみてください!
対象:電子工作の未経験者以上(但し、小学生の方は保護者の同伴が必要)
参加費:200円(部品購入アドバイス、製作ご指導)+400円(会場内パーツショップにて購入代金)
所要時間:約30分の予定
申し込み:不要(飛び入り参加でOK)
ご用意いただくもの:なし

2)「部品から買い集めてオーディオパワーアンプを組み立てよう」
1-DSCN0642.jpg★スピーカーを鳴らせるトランジスタパワーアンプを組み立てます。こちらもLチカ同様に、部品を会場内のパーツショップで購入して製作していただきます。
対象:電子工作の未経験者以上(但し、小学生の方は保護者の同伴が必要)
参加費:500円(基板・追加部品代、部品購入アドバイス、製作ご指導)+1700円(会場内パーツショップにて購入代金)
所要時間:約1時間の予定
申し込み:不要(飛び入りで参加OK)
ご用意いただくもの:お手持ちの、携帯音楽プレーヤー・スマホなど音楽を再生するもの
(※お持ちいただかなくても参加は可能です。)
※写真は製作例です。使用する部品は写真のものとは異なる場合があります。
★下のスピーカーを接続して、ご自宅で実際にお使いいただけます。電源・接続ケーブルも会場内パーツショップにて販売の予定です。

3)「段ボール箱でスピーカーボックスを作ってみよう」
1-DSC03575.jpg★ゆうパックのダンボール(小)に穴を開けてスピーカーユニットを取り付け、スピーカーボックスを作ります。(当日はアンプを作らずスピーカーのみの製作でも参加できます。)
iPhoneをお持ちの方は直接このスピーカーを接続してお使いになることができます(アンプ不要)ので、お申し出により接続のためのコネクタ(別途100円)をお取付することもできます。
対象:電子工作の未経験者以上(但し、小学生の方は保護者の同伴が必要)
参加費:700円(部品代込み)※1個分の費用です。ステレオの場合は左右2個必要です。
所要時間:約30分の予定
申し込み:不要(飛び入りで参加OK)
ご用意いただくもの:お手持ちの、携帯音楽プレーヤー・スマホなど音楽を再生するもの
(※お持ちいただかなくても参加は可能です。)
※写真は2個作った例です。手前のアンプは含んでいません。

また、製作キットの販売も行います。
 ・正負トラッキングレギュレータキット(基板付き) 予価:2980円
 ・高電圧安定化電源キット(基板付き) 予価:3780円
 ・真空管アンプ基板 予価:980円
 ・シリアル転送LCD表示機キット 予価:****円
 ・はんだ吸い取り器用 耐熱ゴムチューブ 予価:100円
関連記事
このページのトップへ
コンテントヘッダー

正負トラッキング電源を作ってみた

ふと思い立って、正負トラッキング電源を作ってみました。
P4-10017_TRACK_REG.jpg
入力はACアダプタ2つとして、正電圧は定番のLM317Tを使用しました。
負電圧は差動増幅器でマイナス電圧を演算し、パワートランジスタを駆動させて作ります。
トラッキング誤差
2V以下は誤差が大きいのですが、2V以上ではトラッキング誤差1%以内を達成できました。
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
このページのトップへ
無料アクセス解析
Adobe Flash Player を取得
プロフィール

@ぽっけ

Author:@ぽっけ
底辺Makerを自負する@ぽっけが日々製作している「初歩の電子工作」の記録です。
自分で「あっ、あれ欲しい!」と思ったものを猪突猛進、地で製作しています。

★略歴

電子工作は中学のとき、授業でやるよりも早く自分で始めました。・・・といっても小遣いも少なく技術も未熟だったので、ラジオを作るのさえもやっとでした。

高校・大学でも工作を続け、大学在学中にようやくトランジスタ回路の基礎が理解できるようになってきました。

大学卒業後はメーカーに就職し設計職で忙しい毎日を過ごす中で工作からは遠ざかっていましたが、事務職に配転となり時間に余裕ができてまた工作を始めました。そんな中で2011年のCP+(カメラショー)併設展の「Business Meets」に出展していたテキサス・インスツルメンツのブースで「MSP430 Launchpad」に出会ってから、マイコンを使った電子工作を始めました。

また、鉛フリーはんだに興味を持って、10数種類のはんだをリールで購入。個人で使うには約1200年分の在庫を持つという暴挙を成し遂げ(?)ました。

★イベント出展実績
●Make: Tokyo Meeting 07
●Make: Ogaki Meeting 2012
●Maker Faire Tokyo 2012
●ニコニコ超会議「作ってみタワー ワークショッププロジェクト」
●NT金沢2013
●Maker Faire Tokyo 2013
●ポタアン自作er展示会 atポタ研2014冬
○NT金沢2014(予定)

☆TwitterID:
  @pokke_yamada

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる