FC2ブログ
コンテントヘッダー

電子工作用フラックスを小瓶にわけてみた

はんだづけをするときにつきやすいようにする「フラックス」というものがあります。
基板や端子、線材などにあらかじめ塗っておいて、そこにはんだをつけるとよくなじむようになります。
一般には30ml程度の瓶で売られているのですが、それでも使い切れないほど多いので、ちょっとした小瓶に移してみました。
フラックス
なかなかカワイイでしょ!
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

【謹告】「利きはんだセット」委託販売はじめました。(冷やし中華風に)

「利きはんだセット(鉛フリー)」の委託販売が「妙楽堂電子パーツショップ」さんにて開始されました。
イベント販売仕様の各約1.4g×12種類セットになります。

内容物(順番は説明書や番号と異なる場合があります)
種類型名メーカー
SAC305
(スズ-3%銀-0.5%銅)
※JEITA第一世代
SR-37 LFM-48日本アルミット
ESC F3 M705千住金属工業
RMA P3 M705
HS-302ホーザン
SF-A0406goot(大洋電機産業)
SAC0307
(スズ-0.3%銀-0.7%銅)
※JEITA第二世代
FS600-1白光
SF-B4008goot(大洋電機産業)
HS-342ホーザン
スズ-銅-ニッケル系HS-372ホーザン
NEO P3 M24MT千住金属工業
SN100C(010)日本スペリア
SN100C(030)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「利きはんだセット」販売してます。

「利きはんだセット(鉛フリー)」、はんだづけカフェさん(秋葉原・末広町)とFabLabつくば/FPGAカフェ(つくば)で販売しています。
以前に【「利きはんだセット」が一時販売中断】 (05/15)という記事を書いて以来、販売再開の記事を書くのをわすれていました(笑)。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

【速報】千石電商にて鉛フリーはんだの新商品「日本スペリア SN100C(031)」の販売開始

千石電商で、日本スペリア社の新しい鉛フリーはんだ「SN100C(031)」の販売が開始されました。
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-4CYU

従来品との違いは「フラックス」にあります。
従来の(030)フラックスに比べて、はんだごてをあてたときにフラックスが飛び散りにくくなったそうです。
合金は従来と全く同じと思われます。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

日本スペリアの新製品「SN100C(031)」

Sn-Cu-Ni系鉛フリーはんだの大手、日本スペリアがフラックスの改良品「SN100C(031)」を発売しました。
そしてスイッチサイエンスさん・はんだづけカフェさんで一袋100円で販売中です。

031は、過熱されたフラックスが勢いよく飛び散るのを抑えた製品だそうです。
031は「利きはんだセット」には含まれていませんので、あわせてお求めになって違いを確かめてみては如何でしょうか。
アルミット ヤケトール200g

アルミット ヤケトール200g
価格:4,800円(税込、送料別)

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

「利きはんだセット」が一時販売中断

ただいま、はんだづけカフェさんで委託頒布していただいている「利きはんだセット」が在庫切れとなり、一時的に販売を中断させていただいております。
頒布再開の時期については改めてお知らせいたします。

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

「萌えはんだ」について聞いてきました。

東京ビッグサイトで1月16日~18日に開催された「インターネプコンジャパン」へ行ってきました。
実際にはその他のイベントとの共催なのですが、とにかく東京ビッグサイトの全場(東西)を使って行われる大型行事としては1年のうちでもっとも早いものだということです。

で、そこに「千住金属工業」「日本アルミット」も出典していたので、「萌えはんだ」について話を聞いてきました。
(もちろん「萌えはんだ」という言葉は出しませんでしたが:笑い)

まずは「日本アルミット」に、勤め先で起きている諸問題について問い合わせたのち、本題の「フラックスに香り付けできないか?」と聞いてみました。そういう質問は全く初めてだとのことで、これから可能なのか調べないといけないということでしたが、前向きに検討いただけるとのことでした。

つぎに「千住金属工業」(こちらは別の展示会の方への出展だったので、最後に回ったためあまり詳しく話ができませんでした)に出向いてお話をしたところ、なんと「フラックス専門」の研究員がいて、実は既に試したことがあるということでした。ただ、結果としては「フラックスの独特な匂いは消せないままに、付けた匂いがさらに上乗せされるため、かえって嫌な匂いになってしまう」「付けた香りがレモンの香りだったために、トイレの芳香剤に似ているのでトイレにいるような感覚になる」という結論に至ったそうです。

それにしても、千住金属にせよアルミットにせよ、営業や研究員に女性が多かったのが印象的でした。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

【ネタ】利きはんだセットの楽しみ方

はんだづけの際には、はんだに含まれるフラックスが蒸発して煙が出ます。
この煙は、においを嗅ぐ程度であれば人体に大きな影響はありません。
利きはんだセットはこのフラックスが違うだけの製品も揃えています。
利きはんだにおいては、このフラックスのにおいの違いも楽しむ点のひとつです。

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

【ネタ】これまでに買ったはんだのまとめ。

これまでに購入したはんだの総重量をまとめてみました。
型名メーカー1巻あたり
重量[g]
巻数
FS600-01白光1501
SF-A0406goot454
SF-B4008goot4001
HS-302ホーザン1002
HS-342ホーザン1002
HS-372ホーザン1002
SR-37 LFM-48 0.5日本アルミット5001
KR-19 SH RMA LFM-48 P-4 0.5日本アルミット5001
ESC F3 M705 0.6千住金属工業5001
RMA02 P3 M705 0.6千住金属工業5001
NEO P3 M24MT 0.6千住金属工業5001
SN100C(010)06日本スペリア5001
SN100C(030)06日本スペリア5001
SN100C(040)10日本スペリア5001
SS-47小柳出電気商会10001
合計6330
鉛入りの時代に、100g巻を約20年かけて消費しましたから、この6kgを超えるはんだを消費するにはおおよそ1200年、人生80年と考えても15回は転生しないと消費しきれない計算になりますね。
それこそどこかの宇宙人と契約して延々と同じ時間を巡らないといけないでしょうか(笑い)。

・・・・・・・
mikekoma先生『時間巻き戻しなので永遠に減らない~』
アッー!

テーマ : 模型・工作・おもちゃの製作日記
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
コンテントヘッダー

『利きはんだセット(鉛フリー)拡張版』について

『利きはんだセット(鉛フリー)』は現在12種類を基本として販売を行っていますが、これの「拡張版」としてちょっと変わった品種のセットを新たに考案しました。

拡張版に入るはんだの品種は以下のようになります。
1)オヤイデ(小柳出電気商会)SS-47 Φ1.0mm
DSC02730a.jpg
知る人ぞ知るオヤイデの、銀を4.7%と通常よりも多く含むはんだです。ベースとなる錫にも99.99%以上の高純度のものを使用しています。
2)日本スペリア SN100C(040)10
121123-153204b.jpg
1)とは対照的に銀を含まない鉛フリーはんだです。特徴は、フラックスに完全ハロゲンフリータイプを使用していることです。※このはんだはFPGA-cafe版基本セットにも含まれています。
3)日本アルミット KR-19SH RMA LFM-48 P-4 0.5mm
DSC02728a.jpg
鉛入りの時代から定評のある非塩素系フラックス「KR-19」を鉛フリーはんだに使用したものです。その中でも特にハロゲンの少ないSH RMAタイプをご用意しました。通常のはんだはフラックスが重量比で3%程度含んでいますが、この製品は4%と多く、はんだ付けがしやすいとされています。なお合金自体は標準的なLFM-48を使用しています。※これのみ径が0.5mmとなっています。
これらをFPGA-cafe版およびイベント版と同じ1.4gずつセットにします。なお頒布の機会は今後めどが立ち次第お知らせします。ちなみにMaker Faire Tokyo 2012では当方は頒布しません。

注(2012/11/19):記事中の「日本アルミットのはんだ」の径が間違っておりました。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

このページのトップへ
このページのトップへ
無料アクセス解析
Adobe Flash Player を取得
プロフィール

@ぽっけ

Author:@ぽっけ
底辺Makerを自負する@ぽっけが日々製作している「初歩の電子工作」の記録です。
自分で「あっ、あれ欲しい!」と思ったものを猪突猛進、地で製作しています。

★略歴

電子工作は中学のとき、授業でやるよりも早く自分で始めました。・・・といっても小遣いも少なく技術も未熟だったので、ラジオを作るのさえもやっとでした。

高校・大学でも工作を続け、大学在学中にようやくトランジスタ回路の基礎が理解できるようになってきました。

大学卒業後はメーカーに就職し設計職で忙しい毎日を過ごす中で工作からは遠ざかっていましたが、事務職に配転となり時間に余裕ができてまた工作を始めました。そんな中で2011年のCP+(カメラショー)併設展の「Business Meets」に出展していたテキサス・インスツルメンツのブースで「MSP430 Launchpad」に出会ってから、マイコンを使った電子工作を始めました。

また、鉛フリーはんだに興味を持って、10数種類のはんだをリールで購入。個人で使うには約1200年分の在庫を持つという暴挙を成し遂げ(?)ました。

★イベント出展実績
●Make: Tokyo Meeting 07
●Make: Ogaki Meeting 2012
●Maker Faire Tokyo 2012
●ニコニコ超会議「作ってみタワー ワークショッププロジェクト」
●NT金沢2013
●Maker Faire Tokyo 2013
●ポタアン自作er展示会 atポタ研2014冬
○NT金沢2014(予定)

☆TwitterID:
  @pokke_yamada

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる